CBD Products

米国での大麻合法化

2014年5月7日 米オバマ大統領の「私もかつて大麻を吸っていた」という発言が話題となったが、アメリカで実際に大麻解禁の動きが広がっている。なぜか。 2018年1月7日 連邦法では依然として大麻が規制されているほか、コロラド州では合法化され 出典米国の合法大麻市場、3年で4.5兆円規模に 40万人雇用創出と試算  2019年4月28日 【オレゴン州ポートランド】連邦法における大麻合法化が昨年末に米国に施行さされ、ヘルスケア製品としてよく知られる大麻に含まれる成分であるCBDの  2019年3月1日 Vol.1 カリフォルニアでマリファナが合法化されて. 2018年1月1日、カリフォルニア州でマリファナが嗜好用として合法化されました。このニュースを聞い  2018年11月29日 昨今、アメリカで嗜好用大麻の合法化が進んでいる。カリフォルニア州では今年1月から大麻の販売が解禁されており、これに続きマサチューセッツ州でも 

2019年12月1日 アメリカ下院議会司法委員会は現地時間11月20日、大麻禁止に終止符を打つ新法案を承認した。マリファナ合法化法案が議会委員会で承認されたのは、 

2019年7月30日 NY州、合法化を目指すも実現せず近年、大麻(マリファナ)は医療用に限らず嗜好用も世界的に合法化の流れが進んでいる。 アメリカも例にもれず、連… 2019年6月17日 合法大麻産業業界は2019年の時点で、米国で21万人もの正社員を コロラド州とワシントン州は2014年に大麻が合法化され販売を開始したが、大麻  2019年8月15日 ルイジアナ州議会が医療用大麻の患者への使用を認めてから、その実施に 医療用大麻合法化の推進者らは、州当局側が不要な規制上のハードルを 

2017年1月28日 非医療用大麻の合法化を問う住民投票で、4つの州が賛成多数となった歴史的な大統領選挙サイクルのあと、今やアメリカ人の5人に1人は医師の診断書 

2019年6月15日 5月31日、シカゴ市を抱える米イリノイ州の議会下院が、大麻(マリファナ)を合法化する法案を66対47の賛成多数で可決した。法案の成立には知事の署名  2019年6月10日 背景にあるとみられるのが、カナダやアメリカの一部で、し好品として大麻の合法化が進んでいることがある。日本への大麻の密輸量は、5年前と比べて  2019年6月21日 2018年の1年間で新たに加わったマリファナ関連雇用数を、米国の州でランキングにした。米国では、大麻(マリファナ)の合法化が進んでいる。すでに34州  大統領選挙と同時に米国9州で大麻についての住民投票が行われ、これで28州と 米国で最初に医療マリファナが合法化されたカリフォルニア州に住むジャーナリストが、  2019年7月2日 米国イリノイ州で、嗜好(しこう)用大麻の購入と所持が2020年1月1日から合法化される。この法案は5月31日に州議会で可決され、2018年の州知事選挙 

2019年12月1日 アメリカ下院議会司法委員会は現地時間11月20日、大麻禁止に終止符を打つ新法案を承認した。マリファナ合法化法案が議会委員会で承認されたのは、 

2014年5月7日 米オバマ大統領の「私もかつて大麻を吸っていた」という発言が話題となったが、アメリカで実際に大麻解禁の動きが広がっている。なぜか。 2018年1月7日 連邦法では依然として大麻が規制されているほか、コロラド州では合法化され 出典米国の合法大麻市場、3年で4.5兆円規模に 40万人雇用創出と試算