Blog

がん雑草防除

2019年12月5日 令和2年度施肥・病害虫防除・雑草防除のてびき〈水稲・大豆・果樹・茶〉. 各項目のPDFファイルをご参照ください。 ページが正しく表示されない場合は、  利用上の注意事項(必ず読んで利用して下さい】. 本基準は、平成30年1月現在の農薬登録に基づいて作成しました。 農薬の登録内容は、随時変更、追加、削除されます  雑草防除基準を利用するにあたって. 薬剤名について. 本基準登載薬剤名は、便宜上商品名で記載している。同一成分で商品名が複 数の場合は、一般名で記. 載している。 はじめに. 大豆作における難防除雑草とは、従来の雑草防除方法である、播種後の土壌. 処理除草剤と生育期間中の中耕培土のみでの防除が難しい草種のことを指し、.

除草剤を使わない水田雑草防除法選択のために. 除草剤の使用を止め、除草作業も行わない水田の雑草発生は、1年目にはあまり目立ちませんが、これが2年、3年と続き 

今回は、防除が難しいとされる畑作雑草に焦点を当て. て紹介します。 【イヌホオズキ】. ナス科の一年草で、日中温. 度が 20℃以上になると良く. 発芽することから後発生する. 2019年11月29日 農薬の適正かつ安全な使用を推進し、農業の生産性の向上と農産物の高品質・安定供給を達成するために以下の事項を掲載しますので、ご活用ください。 2019年6月26日 2019度版秋田県農作物病害虫・雑草防除基準を掲載しました。以下のダウンロードファイルをご利用ください。①農薬の安全・適正使用の 

はじめに. 大豆作における難防除雑草とは、従来の雑草防除方法である、播種後の土壌. 処理除草剤と生育期間中の中耕培土のみでの防除が難しい草種のことを指し、.

2)ダイズ2葉期における大豆バサグラン液剤(ナトリウム塩)の雑草茎葉散布による ダイズ栽培における難防除雑草は、県内に広く分布していることが確認されています(表2)  2019年2月1日 11月下旬に播種された麦の生育は順調で、茎数は平年並からやや多い状況です。 2月に入ってからの降水量は少なく、麦踏み・土入れ等の管理作業も  (2) スズメノテッポウ、イタリアンライグラスといったイネ科雑草の被害が増えています。 イネ科雑草の発生密度が高いほ場や、防除がより困難なイタリアンライグラス等が  水間における除革剤は年 々その利用度が増加し、水 LB雑草防除は極めて間易な1年業と ルイ、ミ ヅガヤツリ、オモダカ様、ウタカワ等の防除が緊急の間壇となっている。 散布時期は、作業能率・防除効果から栽培作物の播種直後から発芽前とし、土 トウモロコシ畑の雑草防除は、播種時の土壌処理剤が基本である(不必要な茎葉処理. チッ素過多になると雑草が生長しやすくなる。 中耕培土(畝間の土を耕して作物の株元に寄せる工程)が不十分。 アサガオ類やアメリカイヌホウズキ等の防除しにくい外来種  なったのは、幅広い雑草を防除できるグリホサートの実力、その大きな経済的・環境的 自体にグリホサート耐性がなくても、多数の作物で容易かつ効果的な雑草防除が 

除草剤基礎シリーズ最初のテーマである「日本の雑草防除史」を執筆することになり, 局面で果たした役割を検証するとともに,これからの社会の発展に化学的雑草防除 

2019年4月23日 東葛飾地域では、水田フル活用により大豆が多く栽培されていますが、近年、帰化植物等の難防除雑草が大きな問題になっています。従来の除草剤が  2019年3月22日 の水稲作では除草剤を利用して雑草防除を行いますが、除草剤は水稲への ン水和剤(トップガンフロアブル) 2017 年 6 月 9 日(播種後 21 日)にテ