CBD Store

アメリカの大麻産業

この2.5時間のツアーで、シアトルの大麻産業と文化の舞台裏を探検してください。アメリカで最も急成長している新興産業のうさぎの穴に沿ってあなたのガイドに従って  PotNaviは合法大麻(マリファナ)総合案内サイトです。ここにはマリファナ販売店やその地図、製品の紹介など大麻に関する便利な情報が満載されています。 PotNaviは  2019年3月19日 今回のレポートで取り上げるのは、タバコ産業と合法マリファナ産業である。 チリの大麻販売大手「スペクトラム・カンナビス・チリ」を買収、ラテンアメリカ  2019年7月6日 そこで、今回はアメリカの中に存在する州で大麻(マリファナ)が合法・非合法な国 もはや、大麻(マリファナ)産業はコロラド州で一大産業となりつつあり、  2018年1月6日 米カリフォルニア州で1月1日、嗜好(しこう)用大麻の販売が合法化された。経済規模で世界第6位の同州で嗜好品としての販売が解禁されたことを受け、  2019年3月21日 昨年カリフォルニア州が娯楽用大麻を合法化したことで、 米国は一気に すでにそれを見越し、今後の産業としての大麻業界の成長に期待する向きもある  2019年9月3日 Amazon が狙う大麻産業への参入と独占 そして、寄付を受け取る団体には、アメリカの大麻合法化活動を 1970年代から牽引して来た活動団体 

2019年10月1日 そうやってリーンに始まったVangstですが、2019年1月にはLerer Hippeauなどから1,000万ドルの資金調達を実施。今後伸びていくアメリカの大麻産業 

2019年5月1日 カナダでは2018年10月に大麻が合法化されたほか、アメリカでも同年12月に連邦議会が「ヘンプ」と呼ばれる産業用大麻を合法化する法案を可決した。 2019年6月3日 米国で進む娯楽用大麻の合法化の波に陰りが見え始めている。年内の合法化を目指していた東部ニュージャージー州は公共の安全への影響を不安視  2019年1月25日 2018年12月20日にトランプ大統領の署名を経て成立した2018年度改正農業法に、産業用大麻(ヘンプ)の大規模栽培を認める条項が含まれていた。 2020年1月13日 '14年にはアメリカのコロラド州で娯楽用大麻が合法化。 源になることを防止し、かつ、大麻関連産業で税収を増加させる狙いがあることが多いようだ。 今やスマートホン市場をも上回る勢いの成長率と言われているアメリカの大麻産業、あらゆる病気への治療効果、レクリエーションとしての使い方に、我々日本人も期待せず  2019年6月17日 合法大麻産業業界は2019年の時点で、米国で21万人もの正社員を生み出していること 合法大麻産業は現在、アメリカ国内で一番雇用を生む業界だ。 2019年6月25日 大麻(マリファナ)の原料となる植物の一種であるヘンプは、食品や建築資材、 マリファナと異なり、産業用ヘンプには、使用者を「ハイ」にさせる量の精神 

2018年1月10日 アメリカよりも早かった「50年のマリファナ研究開発実績」. マリファナ マリファナ産業の根底の礎を解明した人が、イスラエルにいたのだ。 麻草に含ま 

2019年8月6日 中国政府は、西洋での大麻の合法化を恐れています。中国は、国内外で産業用大麻や医療大麻を大量に生産しているのに、なぜ心配する必要があるの  2019年5月1日 カナダでは2018年10月に大麻が合法化されたほか、アメリカでも同年12月に連邦議会が「ヘンプ」と呼ばれる産業用大麻を合法化する法案を可決した。 2019年6月3日 米国で進む娯楽用大麻の合法化の波に陰りが見え始めている。年内の合法化を目指していた東部ニュージャージー州は公共の安全への影響を不安視 

2019年4月4日 シリコンバレーの首領すらも参入した大麻産業で、人々はどのような地殻変動 アメリカでも10の州で嗜好用大麻が解禁されており、医療用大麻に関して 

2019年12月2日 その筆頭であるアメリカの歴史といまを追った『真面目にマリファナの話を に大麻取締規則を、そして産業大麻を規制するために起案された大麻取締法を  アメリカではそれをきっかけに次々と合法な州が増え、現在では33州とワシントンD.C.が合法となっています。ただし、THC含有量が0.3%未満である産業用大麻由来のCBD  2019年11月3日 世界的な大麻の合法化と産業としての成長が盛んになったことが背景となり、ゴールドラッシュのような状況になっていることからこの名前がつきました。 大麻の中毒性、総合的な毒性は、タバコとあまり変わらない、という話を聞いたことがあります。もちろん細かくは議論が アメリカでは巨大な大麻産業が生まれています。 2019年4月4日 シリコンバレーの首領すらも参入した大麻産業で、人々はどのような地殻変動 アメリカでも10の州で嗜好用大麻が解禁されており、医療用大麻に関して  アメリカを筆頭に大麻消費の一般化がさらに進めば、今後もこうした“大麻